Currently browsing category

Uncategorized

現在制作中のギターのプレビュー!

現在制作中のギターのプレビュー!   今現在、工房にて19世紀後半に流行したパーラーギター(Parlour guitar)のデザインに基づいた「小型アコースティックギター」を製作中です。 サイズ的には「Martin Style 1」に近く、それよりは下方が少し細いめのボディーになります。 ライトゲージ弦でのフィンガーピッキング、またはピッキング演奏に適してます。   日本での友達やギター好きの多くは、アコースティックギター演奏者のため、今後はこれまで同様クラシック・フラメンコギターに加えて、アコースティックギターも制作していきますので、お楽しみに!   アコギの値段の設定は、いくつかのレベル分けをする予定です。 複雑な構造で、凝ったデコレーションであれば、値段もプレミアムにどうしてもなってしまいますが、カスタムギターであってもシンプルな装飾で、小型モデルであれば、料金は低めに設定できます。   ちなみに、現在制作中のモデルのスペックです。 ・トップ:スプルース ・サイドとバック:サイプレス ・バインディング:レッドオーク(九州)   カスタム・アコースティックギター制作に興味のある方は、資材の選択、デザインなどお気軽にご相談ください。   また、カスタムギター製作以外にも、Martin社公認マスターリペアサービス提供者の元で習得した技術を元に ・アコースティックギター、ビンテージギターの修理 ・弦楽器全般の修理 も承ります。   今後もFBで制作過程を更新していきますが、お近くの方はいつでも工房に遊びに来てください。 ギターが工房にある場合は、試していただけますので、お待ちしております!   スティーブン     https://www.youtube.com/watch?v=CDjye2UngK0

Part 2 ~ Hinoki Cypress – Port Orford Cedar- Lawson Cypress

I’m writing about the guitar making process on my website blog. I’m using Hinoki which is a Japanese Cypress which promises to make excellent flamenco guitars. The Hinoki is a cypress native to Japan and it grows all up and down the archipelago. It’s very similar to Lawson Cypress AKA Port Orford Cedar. A look at botanical class: Port Orford Cedar- Lawson Cypress and Hinoki share the same botanical classification right down to Genus, Chamaecyparis, then split into two distinct species. Kingdom: Plants Division: Pinophyta Class: Pinopsida Order: Pinales Family: Cupressaceae Genus: Chamaecyparis Species: C. lawsoniana Hinoki – Chamaecyparis obtusa: https://en.wikipedia.org/wiki/Chamaecyparis_obtusa Lawson Cypress – Chamaecyparis lawsonia https://en.wikipedia.org/wiki/Chamaecyparis_lawsoniana They share a …

Bulgarian Tambura made in 2011-12 – Roberto Zamora plays Moron falseta

Roberto Zamora is a well known and loved flamenco singer and dancer in the San Francisco Bay Area. I just picked up an email from him today and it reminded me of the Bulgarian Tambura I made for him. Roberto told me one day that he has a secret project that he does not tell many people about. He plays and studies the Bulgarian tambura with a Bulgarian Gypsy in the East Bay. He asked me to make him a high quality tambura and gave me one of his student instruments to examine and copy, but with excellent materials and attention to sound production. We worked together and came up …