現在制作中のギターのプレビュー!

現在制作中のギターのプレビュー!
 
今現在、工房にて19世紀後半に流行したパーラーギター(Parlour guitar)のデザインに基づいた「小型アコースティックギター」を製作中です。
サイズ的には「Martin Style 1」に近く、それよりは下方が少し細いめのボディーになります。
ライトゲージ弦でのフィンガーピッキング、またはピッキング演奏に適してます。
 
日本での友達やギター好きの多くは、アコースティックギター演奏者のため、今後はこれまで同様クラシック・フラメンコギターに加えて、アコースティックギターも制作していきますので、お楽しみに!
 
アコギの値段の設定は、いくつかのレベル分けをする予定です。
複雑な構造で、凝ったデコレーションであれば、値段もプレミアムにどうしてもなってしまいますが、カスタムギターであってもシンプルな装飾で、小型モデルであれば、料金は低めに設定できます。
 
ちなみに、現在制作中のモデルのスペックです。
・トップ:スプルース
・サイドとバック:サイプレス
・バインディング:レッドオーク(九州)
 
カスタム・アコースティックギター制作に興味のある方は、資材の選択、デザインなどお気軽にご相談ください。
 
また、カスタムギター製作以外にも、Martin社公認マスターリペアサービス提供者の元で習得した技術を元に
・アコースティックギター、ビンテージギターの修理
・弦楽器全般の修理
も承ります。
 
今後もFBで制作過程を更新していきますが、お近くの方はいつでも工房に遊びに来てください。
ギターが工房にある場合は、試していただけますので、お待ちしております!
 
スティーブン
 
 
https://www.youtube.com/watch?v=CDjye2UngK0

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *