プロフィール

P1010165_wrk

ギター職人のスティーブン・フォークは、鹿児島県阿久根市の小さな漁業の町に2013年春より滞在しています。彼はインターナショナルな顧客ベースを持ち、フラメンコ、クラシック、特殊ギターなどをオーダーメードで制作しています。これまでの作品は、ベルギー、フランス、スペイン、オーストラリア、カナダ、アメリカ、そして日本で演奏され活躍しています。

彼はアマチュアギターリスト兼チェロリストとして、演奏も楽しんでいます。その他の趣味は、バッハの無伴奏チェロ組曲、ショスタコーヴィチ、バルトークやベートーヴェンの弦楽四重奏、フラメンコ、ファンキーな西アフリカのギター演奏、そしてジョン・ケージのプリントメイキングなど。また、日本料理、建築物、工芸品、タコストラックで食べること、音楽ではレッド・ツェッペリン、たまにローリングストーンズなどです。プラド美術館は彼の大のお気に入りです。

学歴:
1963年:カリフォルニア生まれ。人類学、美術史、スタジオアートを学ぶ
1993年:San Francisco Art Institute にて美術学士取得(BFA, in Sculpture)
1996年:Mills College にて美術修士号取得(MFA, in 3 Dimensional Concepts)

関連職歴:
1979年〜1998年:バイオリンの弓制作者で美術品修復家のBurdell Tenney氏(レッドランズ、カリフォルニア州)に師事し、高校時代から楽器制作を学び始める。その後も必要に応じて同氏のもとで働く。
1991年〜2004年:フリーランスで展示デザイナーや製作者として、数多くのサンフランシスコ・ベイエリアの美術館で活躍。